• 8月15日、70年前戦争が終わった。昨年頃から終戦時の日本をテーマにした映画が多く上映された。現在も戦争終結に向けて起こった事件、事実を元にした映画が公開されている。

    数々の新証言、研究により歴史も時代と共に変わる。

    実は、私も身近に戦争体験を聞ける立場にある。

    介護サービスをご利用されている方のほとんどが戦争を体験している。

    「終戦の日」に何をしていましたか?と聞いてみたことがある。

    ある方は「ラジオの前で玉音放送を聞いて泣いた。」

    またある方は「いつもと同じく過ごしていた。」

    「何かを感じるとれる心境になかった…」

    空襲の話、敵機が近所に墜落したこと。

    家族が戦地で亡くなったこと。

    お一人お一人に戦争の痛みがあることを知った。

    一般市民にとって、戦争は日常の中にあり、生活の一部として戦争が存在したことを感じ取れる。

    戦時中、一人一人に起こった出来事は重く暗く、耐えがたい程辛く厳しいことだ。

    その思いを多くの方が70年経過しても持ち続けている。

    戦争、又は事故、病気で家族、友人、知人を亡くすことは残念ながら起きてしまう。

    私には「よく聞いて受け止める」ことぐらいしかできないが、始まりは「聞くことからだ。」とも思う。

    介護の場でも「よく聞く」ことが大切だ。ご利用者様の前にしっかりと立ち止まり「何があったのか?」聞く。

    そこから介護はスタートする。

    これは地震、災害の被災者への支援としても、同じく言えることかと思う。

    ゆたかなビレッジでは「聞く姿勢」をもつスタッフを育成したいとも強く思う。

    今から私もご利用者様、スタッフの話を伺いに行こうと思う。

    IMG_0623