• 10打数1安打 2016.02.23更新

    世の尊敬する経営者さん、皆さんが言う。

    10のうち1つでも「ヒットすればいいですよね。」

    イチロー 選手の言葉としても10打数2安打、3安打です。「こんなに練習してもですよ。」

    いい結果を出すための確率、そして結果を嘆かないための励みとして、いつも心にとめている言葉である。

    自身、10のうちの1が出ない時も多々ある。

    「努力を継続しなさい」人生の師は口を揃える。

    前向きに、いい結果を想像して、行動するのみ。

    そう誰もがアドバイスをくださる。

    実際、前向きとは難しいことだ。

    私の場合、1日の中では、前向き2分程度、残りは後ろ向きである。

    ほとんどが後ろ向きだろう。

    これが、7年になる。

    ただ変更と進歩はあった。

    毎日、2分だが前向きになることにした。

    前向きと後ろ向きの共存を図る。

    一日1回は前向きになる。

    流行りの「ルーティーン」と言っていいだろう。

    前向きになる、キマリをつくった。

    後ろ向きの改善手段として、他者へ後ろ向きを言えるようにもした。

    「何言ってるの?」と言ってもらって安心する。

    この1安打の重圧は「40肩」となって重くのしかかっている。 笑

    できることは、日々継続して全力をもって歩いていくしかできないと考えている。

    ただの小さき人間であると思う。

    2014-09-23 14.12.33-1 (250x250)