• この日に思うこと 2016.03.11更新

    5年の月日の経過は「もう5年経ったのか」

    または「まだ5年なのか」それぞれの人々の立場で思いは違うだろう。

    被災者、遺族、行方不明者家族にとっては、毎日が苦しみ、悲しみの連続であり「まだ5年なのか」だと

    お話しくださる方があった。

    私の5年は「もう5年」であった。

    日々の生活に震災の記憶は少ないことで、「もう5年かな」という思いになる。

    やはり他人事として、この5年を過ごしてきたのだろう。

    被災地には4度、足を運んだ。

    自身、その時、その場でやれる支援はやってみたが、また戻ると他人事になる。

    支援のカタチはいろいろとあるだろうし、それもいいと思う。

    ただ、私には現地へ行くことが支援だと強く感じている。

    また今年も行ってみようと思う。

    せめて一年のすべての時を、他人事にしないためにそうしよう。

    これは私が命が終えるまで継続する。

    それぐらい出来なければ、震災で亡くなられた方々に申し訳ない。

    そして遺族の方々に申し訳ない。

    そして自分が生きていることに申し訳ない。

    日々「生きる」ことに謙虚でなくてはならないと今日思う。

    IMG_1100