• 情熱と敬老の日 2017.09.18更新

    近頃では90代でも現役で活躍する人がよく話題になる。

    数寄屋橋次郎さんは有名で、まだ成長を続けている日本を代表する寿司職人さんだ。

    何かを探し求め、悩み、毎日仕事へ向かう。

    情熱と熱意は全く枯れていない。

    仲間で情熱と熱意について語ることがある。

    自身も含めて、若い世代には情熱、熱意のエネルギー効率はバラつきがチラホラあると言える。

    日によって情熱の度合いが違い、大切な勝負所を逃がすこともあった。

    まだあまいのだ。

    自身から出る熱源を安定化させて、毎日みなさまへ供給する。

    敬老の日に活躍する90代の人から、新たなメッセージがあり。

    介護士自身の味で勝負する。

    味とは、思いの深さをケアにのせて伝わること。

    これですね。

    さすが90代

    長生きしてほしい

    心から願います。