• 春が来る 2018.03.27更新

    横浜の春を感じる恒例行事、ゆたかなビレッジ桜を眺める会が今週よりスタートいたします。幸ヶ谷公園の老木43本が今年の開花を最期に伐採してしまうと聞き、この景色を眺めることも今だけ、皆さまと共に記憶に残る時間を過ごすお花見となります。植樹して70年、戦災の復興を願う桜を眺めていた人から、現代、新たに若木を植樹して、次世代の人が幸せに、この桜を育て眺めていくことを願うばかりです。桜は特別な存在、希望を咲かせてくれますよ。