お知らせ

デイサービス・小規模多機能横浜・小規模多機能ポートサイドを運営する、
株式会社ゆたかなビレッジからのお知らせです。

  • 館内のご紹介をいたします。

  • 川崎市多摩区南生田にサービス付高齢者住宅がまもなくオープンいたします。

    ご入居相談お待ち申し上げています。

  • 小規模多機能ゆたかなビレッジの今期での運営終了にあたり卒業旅行を企画いたしました。これまで多くの出来事がありました。喜び、悲しみ、楽しみ、苦しみ、皆様との生活と共に100%全力投球で過ごして参りましたこと誇りに思います。また、ご利用されていました皆様へは数々の失敗、ご心配、ご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。また励ましの言葉、応援の声、あたたかなお気持ちは在職しているスタッフ、退職したスタッフも含めまして、今でも元気の素となり胸の中で大切に輝いていることでしょう。本当にありがとうございました。

    DSC_1967_HORIZON

    1541818593866

    1541818615619

  • 今年は祭りの準備から気合が入っていた。

    恐竜が登場する。

    バカ殿が登場する。

    そんな事前情報をキャッチしたスタッフが事業所間でネタを張り合う様子もあった。

    ご利用者さまへの「圧倒的感動サービス」そしてエンパワーメントをすすめる道中にはうれしい

    また、ゆかいに元気になることになる。

    写真 2018-10-23 14 15 12

    写真 2018-10-23 15 19 42

    写真 2018-10-23 15 27 50

  • 小規模多機能ゆたかなビレッジの秋は穏やかでのびのび、これまでの嵐が嘘のような秋晴れの下で緊張した心と身体をひろげます。秋の空気を記憶に留めて、やがて来る冬の厳しさを快く迎えていきましょう。

    IMG_20181018_175313_414 DSC_1759

  • 台風の影響により破損していましたテントを張り替えました。この度ブルーになりました!

  • 志しある調律師さん有志による、修復技術継承のため、ゆたかなビレッジに保存していました、大正時代オルガンを有効活用して頂くことになり、暑い中、山梨より調律師おふたりで来所されました。コンピュータ時代には電気を使用しない音、電子音ではない楽器の音はなんだか高級に感じてしまいます。日本の音を未来へつなぎます。

  • 梅雨明けを知らせるセミの鳴き声を聞いて、またこの日を迎えることに感謝して、これまで多くの方々から応援頂きました。9年の時は出会いと別れの連続でした。先日も創業以来からのご利用者様とのお別れがありまして、暑い日も寒い日も、よく通って頂きましたこと感謝の意をお伝えしました。また新しい出会いは緊張感のある清々しさもあって、心改める、初心を省みる機会となります。さて、現在のゆたかなビレッジでは、ゆかいさ、元気さをテーマにした介護を提供しています。この先出会うさまざまな方々へ、ゆかいで元気な介護を体験する、経験する機会をご提供いたします。応援よろしくお願いします。

  • 日曜日はクッキングアプリを使って、おやつをつくる。タプレッドと野生の勘で、日曜日の午後を愉快にします。

  • 2018年はゆたかなビレッジでゆかいなビレッジになろう!そんなプログラムを1月から順にすすめています。

    今年は体裁考えないで「殻」を破ろう!

    (自身のパフォーマンスを最大値まで発揮するため、エンパワーメント理論による)

    そんな声をスタッフが互いに声を掛け合いながら、また互いを声を出して応援しながら過ごしてきました。

    5月、「ハイタッチ!」を皆でしましょう!

    今、介護現場では、スタッフ、ご利用者様、全員で、この「元気タッチ!」やっています。

    皆さんも参加しませんか?

    yjimage