お知らせ

デイサービス・小規模多機能横浜・小規模多機能ポートサイドを運営する、
株式会社ゆたかなビレッジからのお知らせです。

  • 10年間トラブルなく毎日稼働した入浴設備が引退する。

    素晴らしくキレイにおしゃれな浴室に変更したよ!

  • 愛知県岡崎市に拠点に事業を展開されています、東洋ウェルフェア株式会社さま運営の「デイサービスセンター燦はね、デイサービスセンター燦 はっけん」さまへ、この度、ゆたかなビレッジ社員が研修と見学交流のため訪問いたしました。ご依頼いたしました始まりはインスタグラムから、デイサービスセンター燦 様が発信いたします情報、写真(SNS)がきれいでいて、とても楽しそうで、ご利用している方々、働くスタッフの表情が「本物の嬉しい顔、笑顔」であることに感銘を受けて見学のご依頼をいたしました。突然のお願いに対しまして、大変暖かく、丁寧な対応に感動してますます期待も膨らみました。見学交流当日はどちらの事業所様も大歓迎で迎えてくださりました。ゆたかなビレッジがすすめていますエンパワーメント※やる気120%スタッフによる圧倒的感動サービス※を先手打たれたな~(笑)現地へ伺いましたスタッフがそんな感想を漏らしていました。デイサービスセンターでの食事はバイキング形式で、ご利用されるみなさまへ提供されていました。こちらは太田油脂株式会社さまのグループ会社でもあるため、えごま油を使用して健康にも配慮しているそうです。またデザートは元パティシエの方も勤務されているとのことで見た目もびっくりするぐらいの完成度です。(凄すぎる!)スタッフの方々はそれぞれの特性を活かして、書であったり、絵であったり、個々のアートな一面を引き出すサービス提供を実践されていました。こちらもゆたかなビレッジが取り組む、スタッフ個々の能力を引き出す(エンパワーメント)サービスコンセプトを先に取り組んでいました。わたしたちが進む未来を見学できたような、そんな不思議体験をして、見学した社員は横浜へ戻ってきました。

    デイサービスセンター燦さまを見学して体感した社員は、みな何か興奮していて「ここがよかった。」「感動した」と口々に見て体感した様子を他の社員へ伝達しています。何かセレンディピティが起こりそうな、そんな気配がしてきました。(ありがとうございます!)
    この感動体験はインタビュー形式で動画で配信する予定です!

    東洋ウェルフェア株式会社さま、デイサービスセンター燦はね、デイサービスセンター燦はっけんのスタッフの皆様、うたダンスのプレゼントありがとうございます。またこのような機会を提供していただきましたこと、心より感謝いたします。最後に筒井さま、ほんとうにありがとうございます。これからもご指導よろしくお願いいたします。

     

    デイサービスゆたかなビレッジ 社員一同

    IMG_1401 (004)3

  • 5月1日 令和元年 ゆたかなビレッジ新制服をご披露いたします。

    2020東京オリンピックをイメージして、スポーティーで爽やかなカラーで統一しています。

  • 圧倒的に面白いパン食い&飴玉探し

  • エキサイティング玉入れ

  • ゆたかなビレッジ春の大運動会が開催されます。

    https://youtu.be/LazQvwC4dhc

  • ゆたかなビレッジ10周年を迎えて、HP更新を予定しています。
    既にギャラリー等へアップいたしております、ムービーを中心とした新HPとなる予定です。
    これからもご覧いただけますと幸いです。
    応援よろしくお願いいたします。

    P4050443

  • P4050411

  • P4050414

  • 10年 仕事の流儀 2019.03.31更新

    創業したのが2009年、チェンジという言葉も流行していた。まもなく東京ではオリンピックを迎えて、わたしたちにも変化する生活を肌に感じてくることだろう。

    これまでの概念とか、常識の範囲も広がりのある事もあり、逆に狭まりつつあることもある。

    同性婚を認めるという運動も、多様性、新しい広がりでもあり、未来の人間たちの姿が想像できる。

    また、常識はネットから発生する範囲と、リアルに生活する私たちの範囲とでは、かなりの差が生じているように感じる。

    さて、お仕事に目を向けてみると、女性中心の現場は変わりないが、短時間勤務の方が増えて、年齢的にも40代、50代の方が仲間に多く加わっている。

    働き方も多様になったと言える。

    事業内容、現場の雰囲気も昨年より始まった、圧倒的感動サービス、エンパワーメントもみなさん真剣に考えて取り組む顔が見える。

    私自身、この、かっこいい頑張るスタッフの姿がパワーになり、一年を同じように過ごし、心身を最大にする生活を送ることができる。

    やはり自分自身の自家発電、元気を発生することは難しい、他者からの、明るく元気に毎日、感動サービスを提供するスタッフ、道で声をかけてくれる近所のおばさん、おじさん、家族、コンビニの店員、様々な人から受ける応援、気遣い、労いの言葉、これら他者からのエネルギーを使うことで、わたしの心身、仕事を支えているのだと思う。

    つい最近、ポンと出たのが

    私なりに10年を重ねて、仕事の流儀というものだろうか?笑

    プロフェッショナルとは、一年いつでもどこでも明るく元気にみなさんを励まし、応援できる心身を維持すること。

    10年を迎えた現場には、わたしの考えているプロフェッショナルが見えるスタッフだらけ、一人で静かに感動しながら、明日をまた迎えている。

    これからの10年もよろしくお願いします!