お知らせ

デイサービス・小規模多機能横浜・小規模多機能ポートサイドを運営する、
株式会社ゆたかなビレッジからのお知らせです。

  • 2011年7月、友人の結婚式のため旭川にいた。職員からメールが入る。「レイコさんが逝かれました。」創業から2年を過ぎて、職員の計らいもあり、久しぶりの休暇中の出来事だった。出発の朝、事業所へ顔を出した。皆に挨拶しているとレイコさんだけ不機嫌な顔をされていた。手招きして、私が休暇を取ることに苦情を述べていたと記憶している。ご病気の進行により体調はベストではなかった。ご家族も海外、介護士をとても頼りにしてくださっていた。出会いは創業前に遡る。アメリカで作家活動をされていたこともあって、活動的な要介護者であった。介護サービスの合間を惜しみ、読書、パソコンに向って原稿を打つ、自宅でも同じく、ヘルパーさん方の手を借りて創作活動を継続していた。縁があって「ゆたかなビレッジ」に関わることになった。私に会って一言「一国一城の主ね」恥ずかしいが、ありがたいとも思った。とにかくスタッフ全員にニックネームを名付けることを楽しんでいた。そのニックネームは芸術的、その人にピッタリとした名前を付ける。「道頓堀花子さん」「椿直子さん」「沈黙の巨人さん」ジョークもスパイスが効いている。上手にお相手しないと叱られてしまう。いつも元気をいただいていた。夢はノーベル賞作家になること。私が、横浜のホテルで受賞祝賀会を主催することも約束していた。自身の可能性をあきらめてはいなかった。関わる介護士もエネルギーに引っ張られ、様々な経験をした。私も創業前、周囲の人からは事業運営の不安、継続の難しさ、失敗したエピソードを語る人が多くいた。私のことを心配しての事であると察していた。正直落ち込んだ。ただ一人、レイコさんだけは「一国一城の主になりなさい」と励ましてくれたことを思い出す。何とも心強く、自身も希望を持てたことを今でもありがたく思う。春先、ソワソワして送迎車を待つ、車椅子に乗っている姿をふと思い出す日がある。自分が、未だ未熟な一城の主であることを詫びて、また希望をもって進むことを誓うのみである。

    ホーム⑭ ホーム⑨

  • 第2回 「元気は自分でつくれない」
    デイサービスの雛祭を見ると期末を迎える。この時期は決算の数字が24時間脳に停泊している。食事をする時も「もう少し頑張れたのかな?」済んでしまったことをクヨクヨしてしまうのである。トイレに入る時も、布団に入ってからも、恥ずかしい話であるが、夢の中までも数字を計算することがある。数字は心を、また生活をも支配してしまうものだ。ただ、現在の私には「元気」という希望を持って進んでいる。これは「不安」を解消する方法になった。2014年からスタートした「みんな元気になる」これを事業理念とした。決めたからには自らが「元気になろう」「もっと自分が元気になろう」と思うことから始めた。しかしスタッフを強くリードして行くべき自身が「思う元気が出せない」それが大きな悩みであった。身体の不調もあり、「元気の空回り」が様々な不協和音を生んだ。日々、考えても結論の出ない問題を、何度も何度も思い起こし街を歩いていた。「元気出さないと」歩くことで気持ちを整えていたかと振り返る。そんなある日、いつものように歩いていると、手を振って声をかけてくれる人がいた。 ご利用者様のご家族様である。いつも通り私も挨拶を交わした。その日は少し遠目で、こちらに気が付いてくださったために、ジェスチャーを大きく言葉を短く、そしてハッキリとこちらにわかる様に表現してくださった。以下が内容である。「は!は!が!げ!ん!き!に!なりました」そして手を振ってくれていた。それまでの問題がすべて消滅して、身体じゅうの隅々までエネルギーがめぐり、瞬間に「元気」になった。「元気をいただいた、頂戴した」のです。元気とは自ら発生させることは困難でしょう。身体の自由がなく、要介護状態にある方へ「元気になってほしい」そう願うケアを提供するには、私たちから始まる「元気の素」を提供する必要があったのです。私が受けた「元気を頂戴する」これと同じく、自分の元気は他者から頂戴して、その元気を自分以外の人へ渡す。それがゆたかなビレッジが目指す「みんな元気になる」姿だと想像しています。

    IMG_1179

    IMG_1178

  • 2015年、ご利用者様全員を対象にした「満足度調査」を実施いたしました。

    サービスの質に対しての回答、サービスをご利用されての改善項目、またご不満等、

    貴重なご意見をいただいています。

    この結果を受けて、各サービス事業所では改善策を考えて、ケアに取り組んでいます。

    ご利用されている皆さまへ、改善が実感していただけます様、努力して参ります。

    今年度も「満足度調査」へのご協力よろしくお願い申し上げます。

    IMG_1030

     

     

  • 新年より、皆さまより励ましのお便り

    また遠方より暖かいメッセーをいただいております。

    本当に 感謝いたしております。

    そして、今年も決して派手な活動ではありませんが、地道に「元気になる」介護すすめて参ります。

    どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    IMG_1167[1]

  • 新年のご挨拶 2016.01.01更新

    新年明けましておめでとうございます。

    ゆたかなビレッジで

    みんな元気になる
    本年も皆様に、元気のエナジーをお届け致します。

    また、元気の源となる、皆様からの応援、そしてご指導を賜わりたいと希望しています。

    今年もゆたかなビレッジをよろしくお願い申し上げます。

      

  • 2015年を振り返りまして、多くの支援をいただいた年であった。

    年の瀬に、そのような実感をもたせていただきましたこと、皆様に感謝いたします。

    どうぞ、ご一緒に今年の出来事をしみじみと味わえると幸いでございます。

    順位なし、思い出す順とさせていただきました。

    1. 越前吹き流しコンテスト、デイサービスゆたかなビレッジ、小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜、ダブル受賞、7月

    2.ゆたかなビレッジホームページリニューアル、2月

    3.幸ヶ谷祭り参加、小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ ポートサイド7月

    4.デイサービスゆたかなビレッジ、事業者指定更新  7月

    5.タウンニュース、小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジポートサイド、宮部さん二度掲載、1月、11月

    6.事業所名変更、ゆたかなビレッジへ統一する。

    7.事業所コンセプト会議により、各介護事業所のコンセプトを決めた。

    デイサービスゆたかなビレッジ

    心と体を外に運ぶケアで元気になるデイサービス

    小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ横浜

    1日1笑して元気になる介護事業所

    小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジポートサイド

    社会参加で元気になる介護事業所

    10月

    8.ご利用様への満足度調査を開始

    6月

    9.小規模多機能型居宅介護事業所の地域交流開始、各町内会、小学校との相互交流を深める。花壇整備、祭り、イベント、忘年会など、これまでにない人々との関わりが発展した。

    10.ゆたかなビレッジ職員全員で、年間事業所目標を立て、毎月、行動を振り返り、一年通して共に動きました。

    来年も次の、短期事業所目標を立てています。

    皆様に満足していただきたい、そんな思いで、職員のみんなで考えている目標です。

    ぜひ実際に触れて、体感していただきたいと希望しています。

    来年も、またご指導そして応援よろしくお願い致します。

       
     

  • 世界的なテロの脅威により、日本人も関係のない出来事では済まない時代がやってきました。毎日、多くの方がこの瞬間にも命を失っている。メディアの出す情報からは、単純に国家間の戦争ではなく、複雑な要因によってテロが起こることを解説している。簡単に言うと世界中が関連していて、日本人も大きく関わっていることになる。当然、国民である私も関係がある。何が関係あるのか?例えば金融の部分であったり、技術提供的な部分であったり、テロを生み出す要因は様々、限りなくあると言う。我々の生活が世界へ影響していて、悲しみ、憎しみを生んでいるのだろうか?これからしっかりと見極めていかなくてはならない。さて、もうひとつ大切なことは「平和維持する」「平和を求める」こと。これは直ぐにでも考えて、取り組めると思う。先日、リンゴ農家の方が平和についてお話しされていた。「リンゴ農家として平和を願う」という言葉が素敵だった。2020年東京オリンピックに向けて美味しいリンゴを作り、最高の食材で「世界をおもてなししたい」そう語っていました。リンゴ農家として、私ができることを一生懸命やって「世界の人々に日本の素晴らしい食材を食べていただき喜んでもらう。世界を平和にしたい…」一人一人が、その持ち場で、職場で一生懸命に仕事をして平和のためにできることを考える。素晴らしい考えだと思った。早速、2016年の「ゆたかなビレッジ」の事業目標を一人ひとりの「よかった」をつくろう。ということにした。「よかった」とは本当に満足した上での「よかった」である。ご利用者様もご家族様も、地域の方も、スタッフも満足できる「よかった」をつくりたい。
    これが平和への貢献になると真面目に考えている。その第一歩として私自身が行動しなくてはならない。2015年は「とにかく人を手当てする」ことを心に決めて12月まで過ごして参りました。手当てをしなくてはならない方に対しては、とにかく通り過ぎない、面倒でも立ち止まる、行動する、今やる、この4つを繰り返してきました。まだまだ対応としては未熟で甘いようです。ですが、介護の現場からの平和を提供できるために2016年からも100パーセントでケアに取り組んで参ります。

    IMG_1101[1]

  • ゆたかなビレッジ事業所コンセプト発表

     

    poto

     

    デイサービスゆたかなビレッジ

     

    「心と体を外へ運ぶケアで元気になる デイサービス 」

     

     

    全力で家から外へ出ることを支援するケア

    デイからも外へ(社会へ)出るケア

    元気になって、行きたいところにも行けるケア

    もっと元気になったら、デイからも卒業するケアをご用意しています。

    ゆたかなビレッジ_ロゴ(青)2

     

     

    ◆小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜

     

    「一日一笑」して元気になる介護事業所

     

    一日一回は必ずご利用者様・スタッフみんなが笑うことができる介護事業所です。

    笑うためのケアをご用意しています。

    ゆたかなビレッジ_ロゴ(赤)2

     

     

    ◆小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ ポートトサイド

     

    「 社会参加で元気になる介護施設 」

     

    社会参加により、元気になる介護を提供する介護施設です。

    いろんな社会交流、社会参加によるケアをご用意しています。

    ゆたかなビレッジ_ロゴ(黄)2

     

     

  • 「家族で働く」

    ちょうど3年前の秋に給食センターを閉鎖した。おいしい食事を食べてもらえれば…と、私の両親、給食スタッフが、毎日面白くて美味しい食事を提供していた。しかし、その時期から各事業所で調理、提供するスタイルに変更した。衛生面のリスク、事業コスト削減の理由もあり、そう決めた。創業から3年、両親にはずっと世話になっていたが、終了を告げて実家があった故郷へ帰ることをすすめる。自身の立場、役割が親まで影響することを辛く思い、この先覚悟しないと、更に周りの人にも迷惑をかけることになると実感した。幸い両親は快く地元へ帰ることを承諾してくれた。今私が思うには、両親として「そうするしかなかった」と振り返る。現在でも、ゆたかなビレッジでは、ご家族単位で働いている方が勤務をしている。兄弟、姉妹、親子、夫婦、家族という単位であり、介護のお仕事、また「ゆたかなビレッジ」に関わりをもってくださることにいつも感謝をしている。感謝と同時に私が思うのは、家族で働くということは「何だか恥ずかしいだろうな」ということ。私も経験があり、言えることですが「何だかすべてをオープンにしている」ようで、私的な部分までも、他のスタッフにさらけ出している思いになるのです。これは本当に恥ずかしい。ただ私がそんな時、いつも心に言い聞かせていた思いがあります。それは「もう、今更恥ずかしいもないな」「家族として、今しか関わることできないな」この二つです。私たちはこの世に生を受け、この家族として関わることは「限られた時間」だということ。社会に出て働くようになると大半を職場関係の人と過ごすことになります。自分の家族と暮らす時間はわずかなひとときでした。世の中には自営業で、「年中家族と一緒だよ」という方もあるかとは思いますが、「家族と働く」「家族と同じ職場で過ごす」という経験は貴重なチャンス、時間ではないか? と私は思います。また面白いのが、家族を職場へ紹介したいという人が、必ず遠慮がちに求職を希望してきます。「家族なのですが…いいですか?」 そんな時には、こちらはいつも「喜んでお受けします」と応えています。私の「恥ずかしくないよ」という思いもありますし、過去にも家族で働くことでトラブルらしいことは無かったからです。いろんなリスクを想像する方もいますが、この「家族で働く」選択の場合にはメリットが大きく上回ります。事業所側にしても、ご利用者様、職員が「家族で働く姿」を見ることによって、ほとんどの人が「温かい気持ち」になります。何だか「ありのままの自分をさらけ出す」潔さが心を打つといった感なのでしょうか。武士道精神でしょうか?(笑)高齢化の進む日本で「家族のあり方」も変化を求められています。それは「家族で働く」という選択が助けになるのかもしれません。

    IMG_0513

  • 4年前、体調を崩してしばらく仕事を休むことになった。それまでの2年半、あまり休むという意識がなく、休まない方が調子いいと考えていた。そしてある日倒れた。予兆は多少あった。手当を始めていたが、間に合わなかった。職員、関係者の皆さんには心配とご迷惑をたっぷりとかけてしまった。大きな借りができた。 3週間目に、ようやく歩けることができた。まだ身体は以前の状態ではないが、頑張ればなんとか歩けるまで回復した。仕事復帰を目指して、歩いて近所の園芸センターへ顔を出した。様々な植物が目を楽しませてくれる。その日は併設する「鳥の専門店」へ立ち寄った。セキセイインコ、オカメインコ、アヒル、オウム、様々な鳥類を扱っているお店である。店主もユニークで飼い主を見て「鳥をお渡しする。」方針を話してくださった。「私も飼えるでしょうか?」と尋ねた。

    「大丈夫でしょうね。笑」黄色のインコとさっきから目が合っていた。その日から「ピーコ:オス」1羽がゆたかなビレッジへ加わることになる。ピーコはヒナから育てたので、人に慣れ誰にでも関わることができる。コミュニケーション能力抜群だ。鳥は体温が高く、手に乗せると温かい感触が伝わる。鳥には匂いもある、温もりと合わさると、陽だまりの匂いという表現がピッタリだと考えている。4年経過して、鳥は3羽、犬が1匹増えた。時間の経過と共に、鳥の特性、犬の特性を知ることで人にも特性があることを知った。1羽1羽、1匹1匹、1人1人の特性を知る、また受け入れることで、互いに成長できると考えることができるようになった。 共に生きるとは「相手を知る」ことから始まるのだろう。ゆたかなビレッジに関わる人、動物、生物について、いつもよく知ることから始めようと心掛けている。「共に生きる」ために。

    IMG_1043[1]

    DSC00186 (800x600)