お知らせ

デイサービス・小規模多機能横浜・小規模多機能ポートサイドを運営する、
株式会社ゆたかなビレッジからのお知らせです。

  • 8月15日、70年前戦争が終わった。昨年頃から終戦時の日本をテーマにした映画が多く上映された。現在も戦争終結に向けて起こった事件、事実を元にした映画が公開されている。

    数々の新証言、研究により歴史も時代と共に変わる。

    実は、私も身近に戦争体験を聞ける立場にある。

    介護サービスをご利用されている方のほとんどが戦争を体験している。

    「終戦の日」に何をしていましたか?と聞いてみたことがある。

    ある方は「ラジオの前で玉音放送を聞いて泣いた。」

    またある方は「いつもと同じく過ごしていた。」

    「何かを感じるとれる心境になかった…」

    空襲の話、敵機が近所に墜落したこと。

    家族が戦地で亡くなったこと。

    お一人お一人に戦争の痛みがあることを知った。

    一般市民にとって、戦争は日常の中にあり、生活の一部として戦争が存在したことを感じ取れる。

    戦時中、一人一人に起こった出来事は重く暗く、耐えがたい程辛く厳しいことだ。

    その思いを多くの方が70年経過しても持ち続けている。

    戦争、又は事故、病気で家族、友人、知人を亡くすことは残念ながら起きてしまう。

    私には「よく聞いて受け止める」ことぐらいしかできないが、始まりは「聞くことからだ。」とも思う。

    介護の場でも「よく聞く」ことが大切だ。ご利用者様の前にしっかりと立ち止まり「何があったのか?」聞く。

    そこから介護はスタートする。

    これは地震、災害の被災者への支援としても、同じく言えることかと思う。

    ゆたかなビレッジでは「聞く姿勢」をもつスタッフを育成したいとも強く思う。

    今から私もご利用者様、スタッフの話を伺いに行こうと思う。

    IMG_0623

  • 小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜 新看板設置しました。

    IMG_0993

    IMG_0996

  • 第7回越前和紙七夕吹き流しコンテスト作品展にて、デイサービスゆたかなビレッジ、小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜 両介護事業所が入賞いたしました。

    応援してくださったみなさまへ感謝申し上げます。

    viewimg[3]

    小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜

    テーマ「横浜の港と海」

    IMG_0963

     

    デイサービスゆたかなビレッジ

    テーマ「天の川にとどけて!」

    IMG_0964

  • ユタカナムラのゆかいな仲間

    「おみくじ」

    七夕の越前吹き流しコンテストは二度目になる。今回は「デイサービスゆたかなビレッジ」そして「小規模ゆたかなビレッジ横浜」からも力作を出展した。吹き流し作成には出展基準が定められ、全国から100を超える団体、個人から応募がある。様々なアイデア、造形に驚き心動かされる作品ばかりだ。人の想像力の可能性を目の当たりする良い機会となる。今回「ゆたかなビレッジ」の貴重な作品を福井県越前市まで車で運んだ。行程通り、何事もなく無事に吹き流し会場へ展示した。キレイな会場に、しっかりとゆらゆらと泳ぐ吹き流しは何度見ても美しい。横浜代表として役割を果たしたことに満足して帰路についた。今年も事故もなく、この場に来させていただいたことをありがたく感じていた。ほっとして少し疲れを感じて休憩をとる。お寺と神社が共にある場所が目に留まる。古いが清々しい場所だ。普段「おみくじ」は手にしない様にしているのだが、お賽銭を入れて一枚手に取ることにした。そこには「このみくじにあたる人は、うんせい強き生まれにて、若き時苦労のむくいにて、今は運勢心のままに開く、親に孝行せよ、これみな親の恩なり」とある。創業して3年間、両親が介護事業所の食事を手伝い、介護サービスをご利用される方、職員、友人、恩人を「食事」で喜ばせてくれた。現在でも覚えてくれてくださる方も多い。この「みくじ」にある通り、これはみな両親への恩になることだろう。そして介護施設の食事を「美味しく」という思いは各施設にしっかりと遺伝している。これから先「美味しい食事」を提供することで、この恩へ報いたいと強く思う。

    IMG_0963 IMG_0964 IMG_0981

  • 2014年は「介護現場の舞台裏」というシリーズで皆様へ毎月お伝えさせていただきました。

    2014年8月から2015年7月までの12回を無事終了します。

    2015年8月からは、「ユタカナムラのゆかいな仲間」という題名により、

    人々の「関わり」をテーマにお伝えして参ります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    今回は初回ということもあり、少し先行して配信いたします。

    昨年同様、「ゆたかな村かいらんばん」として毎月10日にはご利用者様ひとりひとりへ郵送します。

    同時にホームページ内にて「ゆたかな村かいらんばん」はダウンロード可能になります。

    「ゆたかなビレッジ」を知る機会となることを願っています。

    どうぞよろしく。

    ゆたかなビレッジ_ロゴ(黒)2

  • 平成27年7月12日(日)幸ヶ谷地域まつり開催

    小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ ポートサイドが参加しました。

    幸ヶ谷地域の各町内会の参加により、盛大に開催されました。

    野菜の即売会、屋台、アトラクション、お楽しみ大抽選会もあり、参加者も多数でした。

    ポートサイド担当は「豚ステーキ」10時開始、12時完売!屋台では一番人気でした。

    ご利用者様、スタッフ、地域の皆様との交流ができました。

    IMG_1036

    焼いて、焼いて、焼きました。

    IMG_1003

    特製たれがうまい!

    IMG_1011

    IMG_1004

  • IMG_0912[1]

    今年も越前和紙七夕吹き流しコンテストへ出展する。

    2014年「デイサービスゆたかなビレッジ」が出展した。

    惜しくも賞は逃したが、皆で力を合わせた「パワー」は伝わっていたと思う。

    2015年は「小規模多機能型居宅介護ゆたかなビレッジ 横浜」も参加した。

    ゆたかなビレッジの介護施設の中で一番のチームワーク、段取りの良さにより、初参加ながら素晴らしい吹き流しを完成させた。

    スタッフも徹夜で参戦したと伝え聞いてはいるが、まとまった作品である。

    デイサービスゆたかなビレッジは、病欠者、入院者もあり、苦難の連続であったが後半の追い込みにより完成まで漕ぎ着けた。

    どちらの事業所も違うカラーで見応えがある。

    さあ、決戦の地「ふくい」越前市へ

    前回の出展者は100チームほど、一般から、高齢者、子供まで参加する、情けなしの審査となる。

    きっと見る方の心にわれわれの思いが伝わるでしょう。

    結果はまたお知らせいたします。

  • 6月中旬より「ゆたかなビレッジ」ご利用者様へアンケート調査を実施させていただきまし
    た。これまで個々のサービスについてアンケートを実施したことはありましたが、全サー
    ビスについての実施は初めてとなります。この貴重なご意見をご利用様への「満足」へ
    変換することがわたしたちの目的となります。日々ご利用される皆様には「ありがとう」
    「助かったよ」「ご苦労さま」といった温かい言葉をいただく。本当に介護士にとって「元気」
    になれる瞬間になる。ただご利用者様は本当に元気になっているだろうか?以前と比べ
    て体調、体力は落ちていないだろうか?年齢のせいにして、そのままにしてはいけない
    のでは?その疑問から、2年前より「自立支援介護」(自力を支援する介護)を学び始め
    ました。このシリーズ介護現場の舞台裏でもお伝えしましたが、週1回、3時間の研修を2
    年実施しました。現在も進化した研修をスタッフの高橋をリーダーにして継続している。
    「ありがとう」「ご苦労様」のもっと先にある、ご利用者様の「満足した」顔、言葉を目指し
    ているのだ。本当の満足とは、ご利用者様のご自宅に関わる生活で、自分の足で歩き、
    食事、トイレ、趣味の時間を含めて、日々の生活を自分の五感でじっくりと味わえること
    ではないか?と私たちは考えてます。要介護という心身の状況の中で、あれこれと希望
    を膨らませることは困難であるでしょう。ここで我々介護士にできることは「介護・ケアで
    元気なっていただく」こと。また歩行できたり、トイレへ行けたり、食事をつくり、食べること
    ができたり、ご利用者様の生活を一部でも「できるようになる」ことが私たちのお仕事で
    あると考えています。この「元気になることを信じて、一人一人一つ一つ丁寧にケアに集
    中して参りますいます。どうぞこれからの「ゆたかなビレッジ」にご期待ください。がんばり
    ます。またご支援ご指導よろしくお願いいたします。

    調査は7月3日に一度締切させていただき、集計いたします。

    ご協力ありがとうございました。

  • IMG_0878

    ゆたかなビレッジ求人ページスタッフ紹介ページを更新しています。

    ここでは、ゆたかなビレッジに集まるスタッフの「時・タイム」をテーマにした

    インタビュー形式でスタッフのありのままをご紹介いたします。

     

    是非ご覧ください。

  • ゆたかなビレッジ_ロゴ(黒)2

     

     

     

    ファンクラブ開始いたします。

    通常ファンクラブとはファンになっていただくことを指しますが、ここでは逆です。

    ゆたかなビレッジからファンになった方を紹介していきます。 笑

    「逆ファンクラブ」です。

     

    ①ニックネーム:こちらで考えたニックネームをお伝えします。

    ②ファンの方が好きそうなこと

    ③ゆたかなビレッジがファンになった理由

    毎回、こちらがファンになった方を温かく紹介いたします。

    よろしくお願いします。

    :ファンクラブ担当者