• 50歳までを数年後にして、自身のお仕事、役割、役目を思いながら、ここで一つの到着点となると聞いた。人生100年時代になり、生命の寿命にまで踏み入ろうとしている現代だからこそ、この50年を超えていくことは、何かを残していくことの意味に於いては到達する時になるのだろう。さて、これまでの時間をを振り返れば、この先残していくことは一つ二つあるのかもしれない。毎日お仕事をしながら様々な人と交わり、考えて、悩んで、解決しながら、時には忘れてしまって、そんなことを飽きないで繰り返しているうち、自然と心に残っていることあると気づいた。私にも残していくことがあるのかなと思う。執念という言葉があるが、そうかなぁって思うけれど、何度も何度も繰り返して考えて、絶えず悩んだりすることが好きなことが幸いしたような気がします。続けることに重きを置き、続けるために時間を費やしている。